新聞の記事で紹介されたら社員が喜ぶ3つの理由

広報を先に行い、次に募集広告を行うべき3つの理由

人材採用で若くて優秀な人の採用が難しいという声はよく聞きます。
「効果的な採用方法はなんだろう?」って考えますよね。
そこで効果的なのは、新聞に紹介されること。

新聞などのマスコミに取材された実績があると信用されるので、面接への参加率や面接時の反応が上がります。募集広告より先に、新聞などのマスコミに報道されるための広報活動を行うべき3つの理由を説明します。   

自分の会社が新聞に取材され記事になったら

自分の会社や就職先が新聞に取材されて記事になったら嬉しくないですか? 犯罪にあったり事件を起こした記事ではなく、その会社の事業や商品・サービスが取材され記事となった場合です。

新聞社は社会性のある情報をニュースとして記事にします。社会性とは社会的弱者・社会問題の解決、または社会トレンドに乗っているなど。取材されて記事になったということは、その会社の事業や商品・サービスに社会性があるということの証。会社が社会問題の解決に寄与しているとか、社会トレンドに乗っている、新しいムーブメントを作っているということなので、そんな会社で働いているとしたら、社会に役立つ会社で世間から認められていると思われて嬉しいですよね。これが理由の一つです。     

取材されたことを伝えて親喜ぶ

新聞を読む人は広告を積極的に見ませんし、読んでもそのまますぐに信じようと能動的に捉えてくれません。広告は広告主がお金を払って出稿していることを知っているからです。だからこそ広告主は広告代理店と、読者の興味を喚起する広告を制作するのですが。

一方、記事は第三者である新聞記者が調べて書いているので、信頼できる情報として受け入れます。広告=本当かな?、記事=信用できる、の認識です。新聞の記事で紹介されることで、その会社や事業、サービス・商品は信頼できるものとして認知されます。これが二つ目の理由です。

以前の取引先の会社は、全国紙や信頼できるネットメディアに取り上げられたことを、従業員がご両親に伝えたところ、そんな良い会社で働けて良かったね!ととても喜ばれ、社員の士気大いに上がりました。また、就活生に知らせたところ、そんな社会性のある会社で働きたい!と採用活動にも役に立って、従業員数が2倍になりました。

信用された上で募集すると反応率が良くなります

3つ目はブランディングです。新聞という権威あるメデイアで記事として紹介されると、信頼できる会社として認知されとブランドになります。ブランドになった時点でネット集客や採用広告行うと、信用されるので、説明会への参加率や、採用率がぐん!と上昇します。新聞という権威あるメディアに記事として報道されたことは、信頼感や安心感を作り出すのです。

広告や採用、集客に力を入れている企業ほど、マスコミ取材獲得に注力することで、大きな成果に繋がります。

ネットで採用や集客の仕組みを作り、そしてマスコミ取材の広報活動を行うことで信用が上がり、採用や集客に大きな効果があるのです。

               

             

Previous